STORY
物流のプロが
現場の声をもとに開発

待機車両問題の社会的背景

入荷車両の待機時間の問題は、物流業界の大きな課題と行政も着目

30分以上の車両待機が77.5%

「運賃」に運送以外の内容も含まれており、範囲が不明確

「運賃」と「料金」の区別を明確化 「待機時間料」を新たに規定

待機時間の実態調査に基づくロスコスト換算
項目 台数 待機時間
平均 合計
特売 6 5.4 32.4
定番PL下し 44 3.8 167.2
定番バラ下ろし 35 1.6 56
合計 85台 255.6時間
平均待機時間
2.6時間
×
待機時間単価
3,000円
×
1ヶ月
30日
×
入荷台数
80台
1ヶ月あたりの経費
18,720千円 / 月
年間2億円の余分なコスト

人件費増・運賃UPにつながる余分なコストが待機時間にあるかも・・・

現場を知り尽くした物流コンサルタントが この待機時間を減少させるために開発いたしました。

Li-SOは「物流センターと運送会社の両者に使いやすく」をコンセプトに 現場の実情を熟知した独立系コンサルタント会社が開発しています。

物流センターに存在するさまざまなルールや 運送会社が納品時間を読めず予約が取りづらい現状があり、 そういった声に応えられるよう、現場目線で、これまでにない高機能で使いやすい シンプルだけれども多彩な機能を備え、センターの車両問題を解決させることができる バース予約システムを構築いたしました。

ドライバーや、センターオペレーターの笑顔のために、 それが「Li-SO」の想いです。
料金や詳しい仕様を知りたい方は
ぜひ、お問い合わせください。
03-6808-7879
営業時間:平日10:00〜18:00